Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電 Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電's comments

私は島根県内に住んで20年近くなります。
島根県は穏やかな気候とやさしい人々、豊かな自然があり、とても美しく素晴らしいところだと思っています。
観光客も多く来る観光地でもあります。
そんな島根県に住んで、最近、一戸建ての家から企業の屋根、使われていない田んぼや空き地まで、様々な場所で太陽光発電のパネルが設置されているのを、よく見かけます。
以前は、「太陽光発電なんて珍しい」と思って人様の屋根を眺めていたものですが、今ではそう珍しいものでもなくなりました。
それどころか、分譲地で同じようなデザインの家が立ち並ぶ屋根に、同じように太陽光発電のパネルが載っているのを見かけることもあります。
最近は建売物件にも最初から太陽光発電が付いて売られていることが多くなり、住宅の価格に含まれており、しかもトータルで見てもお手頃な価格に抑えられていることなどから、とても人気があるようです。
分譲地で太陽光発電パネルがずらりと並ぶ光景は、そこだけ先進を行っている小さな街のように見えます。
我が家は古い家屋で、先日、たまたまご近所が太陽光発電のパネルを取り付けていた時に、業者さんにうちの屋根はパネルがつくのか、どのくらいのワット数が付くのかなどを聞いてみました。
nullすると、瓦の場合はパネルをはめこむ部分を削らないといけないので、設置費用が追加で掛かってしまうこと、南向きではないため、発電効率が悪いかもしれないということを聞いて、ガッカリしてしまいました。
業者さんとご近所の方の勧めで、紹介してもらった営業マンと連絡を取り、実際に見てもらってシミュレーションをしてもらいましたが、その業者さんが言う通りで、実際の発電効率はあまり良くないようでした。
営業マンの勧めで、庭の空いた部分に太陽光発電のパネルをつけることを現在検討しています。
これなら、設置代も追加で掛からないようなので、もし我が家のように屋根に付けられない方でも、諦めないで営業マンと相談してみてもいいと思います。