Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電 Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電's comments

島根で太陽光発電の導入を考えている人の中には、「太陽光発電を導入することで普段の生活で使う電力を節約して電気代を安く抑えたい」という目的と同時に、「何か災害がおこって電気が使えなくなった時の緊急電源として太陽光発電を利用できたらいいな」という希望を持っている人も少なくないと思います。
特に前回のような大きな地震被害の状況を目の当たりにすると、災害時でも電気を使える太陽光発電はものすごく便利に感じるでしょう。
ただし、太陽光発電を災害時に使うためにはいくつか注意すべきポイントがあります。
そして大前提となるのは、太陽光発電システムが「自立運転機能」を備えていることです。
太陽光発電は太陽の光によって発電を行いますから太陽さえあれば電気を作ってくれると考えがちですが、実際には太陽光発電システム自体も電気で動いています。
ですから、停電してしまえば運転が止まってしまうので電気を作ることができなくなってしまいます。
しかし、自立運転機能があれば停電になって電気の供給が止まってしまっても自分でつくり出した電気で運転を続けることができます。
ですから、災害などによる停電時でも電気を使いたいならば、設置する太陽光発電システムに自立運転機能が備わっているかどうかを確認しましょう。
ただし、現行製品は自立運転機能が標準で装備されているので、古い製品を購入するのでなければ、それほど気にすることはないでしょう。
自立運転機能で稼働しているときは使うことのできる電力の最大は1.5kWまでに制限されます。
1.5kWまでと聞くと不安に感じるかもしれませんが、実際には1.5kWあれば照明・テレビ・ラジオ・冷蔵庫・ノートパソコン・携帯の充電などを同時に行ったとしてもまったく問題ないレベルです。
エアコンや電子レンジは消費電力が大きいので使うときには注意が必要になるかもしれません。
ちなみに、電気は非常用のコンセントから供給されるため、普段使っている部屋のコンセントから電気を取ることはできません。