Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電 Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電's comments

私の両親は、とりあえずデメリットから物を考える癖があり、そのために決断が遅れると言う特徴があります。
さらに、変化を恐れるので新しいシステムを導入する場合でも、いつも遅くなっています。
例えば、電話もいつまでも黒電話でしたし、パソコンで作業をするのもかなり遅かったです。
もちろん、いまだにスマートフォンもタブレット端末も持っていません。
nullですから、私が結婚して暮らしている自宅に、太陽光発電をつけると言ったときには、もちろん反対しました。
プッシュボタン式の電話すら、変えるのが遅い人ですから数百万円単位の出費になる太陽光発電に対して、おいそれと認めるわけがありません。
さらに、私の自宅は島根県の松江市にあるので、冬には曇りや雨、そして雪が多いので、天気が悪いと電気を生み出す量も少なく、効率が悪いと言ってきました。
本当に、マイナスを調べるのは早いです。
ただ、私は基本的に数字やデータを重んじるほうなので、業者さんのシミュレーションを見たり、松江市における、過去のデータを調べてみました。
すると、島根県でも松江市は大陸からの距離が近く、他の日本海側の地域に比べると雪の量も多くありません。
さらに、このエリアに暮らしていると、冬の悪い天気の印象が残ってしまいますが、実は春から秋にかけては比較的好天の日が多いんですよね。
ということで、シミュレーションでは十分にお得になるということで、つけてみました。
感想としては、十分に満足する事が出来ています。