Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電 Subscribe to 節電の今こそ太陽光発電's comments

太陽光発電の住宅にしたい

今とても人気のある太陽光発電の住宅に興味のある人は多いと思います。
太陽光発電の住宅というのは、どのようなものなのかというと、屋根の上に太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を設置します。
それを使って太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムのことを太陽光発電システムといいます。
まず、太陽光発電で発電した電気を使うためには、色々な機器が必要となってきます。
太陽電池モジュールをはじめ、太陽光発電に必要なのは、パワーコンディショナ、分電盤、発電モニタ、電力量計といった周辺機器ですね。
これは、メーカーや製品によって若干の違いがあるのですが、こういったものを家庭に取り付けることになります。
こういった機器を設置することで、太陽の光から発電した電力を家庭で使えるようになるのです。
最近、新築を建築する人はこの太陽光発電システムを導入するケースが非常に多いそうです。
でも、もちろん既存住宅でも設置することができます。
基本的にどんな屋根にでも設置することができますので、これは新築とか既存住宅とか関係なく設置が可能です。
ただし、既存住宅における留意点は、屋根に使われている素材や経年劣化による老朽した屋根には補強工事が必要な場合もあります。
また設置そのものが難しいケースもあるということです。
あと、マンションやアパートなども設置することができます。
最近ではマンションのベランダにも置ける小型太陽光発電システムも販売されていますしね。
それから住宅の場合、気になるのがメンテナンスのことだと思います。
太陽光発電は原則的に、ソーラーパネルのメンテナンスは不要と言われています。
それは、ゴミや汚れなどは、屋根瓦と同じように雨や風で流されるからです。
メンテナンスフリーなんですよ。
ただし、定期的な点検は推奨されていますので、受けておいた方がいいと私は思いますね。
今後もエコで経済的な太陽光発電の住宅は増えていくと思います。
いざというときにも電気を使えますので、安心感もありますからね。